« さのマラソン | トップページ | いわて銀河チャレンジ100㎞マラソン~ »

2011年5月14日 (土)

チャレンジ富士五湖~

4月30日、3回目となるチャレンジ富士五湖の112kmに挑戦してきました。

まずは写真を掲載します。

P4300763P4300771P4300775P4300779P4300792P4300799P4300803 P4300813スタート時はまだ暗かったけど、うっすら富士山が見えて少し感激しました。

いつもよりも開催が遅かったせいもあり、明るくなるのが少し早く、気温も昨年に比べれば寒くなく、マラソン日和でした。

朝のうちは富士山もよく見えました。忍野八海や山中湖、河口湖まではきれいにはっきり見ることができました。

西湖につくころには全体的に曇ってきて、富士山もほとんど雲にかかってしまいました。

レースは、昨年よりもゆっくりペースで、5キロ32分ほどで、前半は走ることができました。

今年はゆっくりペースだったため、100kmの部の先頭の方には、山過去につく前に追い抜かれてしまいました。さらに、山中湖から河口湖へ向かう途中で、楽ランの女性に声をかけられ、あっさりおいて行かれてしまいました。

河口湖北側を通過しているところで、今度は100㎞参加の楽ランD社長に追いつかれました。昨年は、精進湖のエイドで追いつかれたのですが、今年は早々と追いつかれぬかれてしまいました。

西湖のエイドでは、72kmに参加の楽ランのMさんにと出会いました。西湖でのうどんがおいしかった。

本栖湖のエイドで72kmと100kmは折り返し。112kmは本栖湖を回って再び本栖湖のエイドに戻って折り返しとなるのですが、本栖湖のほぼ半分走り終えたころから、右足のすねの下の方に痛みを感じて、下り坂を走れなくなってしまいました。しばし歩いて様子を見ましたが、回復する様子はなく、下り坂が終わってからゆっくり走り始めました。

やっとの思いで本栖湖唯一のエイドで小休止。再スタートは走る気力がなく歩きました。しばらく歩いたあと、再びゆっくり走り始めました。もうこの時は棄権が頭の中を占めていました。どうにか本栖湖のレストステーションにつき、エネルギー補給。どこで棄権するか、悩みながら、スタート。

チームで最少人数の3人でタイムトライアルに申し込んでいるため、棄権すると記録が残らないので迷いながら、とにかく前に進みました。

再び西湖のエイドで手前の下り坂では歩きました。エイドでのうどんが温かく迎えてくれましたが、気持ちは棄権した後の収容バスはどこかと見回していました。

しかし、エイドを後に、しばらく歩き、再びゆっくり走り始めました。彩湖を何とか走り切り、西湖から河口湖への下り坂は、歩きました。そろそろ限界を感じたところでした。坂の途中のエイドでのどをうるおし、続く下り坂を歩いて、とにかく前に進みました。

すでに95キロは過ぎていたので、とにかく100Kmまでは行こうと思い、歩きました。100㎞手前から、ゆっくり走り始め、100km地点を通過してから、もう残り12kmなのでとにかく歩いても制限時間内に完走できそうなので、このまま行こうと思いました。

河口湖から北麓公園に向かう上り坂は歩こうと言い聞かせ、我慢してゆっくりペースを維持していました。最後の上り坂にさしかかり、前を走る数人のグループが、歩かずゆっくりペースで走っているので、このペースならついていけると思い、ついていきました。しばらく走った後、前を走る数人のグループが歩いてしまい、残念と思いながら、ここまで来たら、走るしかないと思い、走り続けました。

上り坂が終わり、公園までの下り坂はきつかった。最後なので我慢して走りました。公園が地下ずくにつれ、沿道の方の応援に元気をもらい、最後の力を振り絞って、何とかゴールラインを通過することができました。

14時間をちょっとすぎたところでした。

|

« さのマラソン | トップページ | いわて銀河チャレンジ100㎞マラソン~ »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/427786/39983007

この記事へのトラックバック一覧です: チャレンジ富士五湖~:

« さのマラソン | トップページ | いわて銀河チャレンジ100㎞マラソン~ »